カリス(東大)の生い立ちや名言がスゴイ!!逆算的勉強法とは!?

2021年8月17日

カリス 生い立ち 勉強法

2021年8月16日放送の「激レアさんを連れてきた。」で、「落ちこぼれだったのにドラマ
『ドラゴン桜』に衝撃を受け、日本語を0から覚えて16歳で東大に受かっちゃった人」
というテーマで東大AI博士の異名を持つカリスさんが紹介されます。

落ちこぼれだったカリスさんはいったいどのようにして0から、しかもわずか16歳にして
東大に合格したのでしょうか!?
東大に合格した秘訣は、逆算勉強法だとカリスさんは語っています。
今回の記事では、若き天才カリスさんにスポットを当ててご紹介したいと思います!

東大AI博士カリスさんのプロフィールや生い立ち

東大AI博士カリスさんのプロフィール

氏名カリス
本名 韓昌煕(ハン チャンヒ)
生年月日・年齢1993年1月生まれ 28歳
出身韓国 釜山

カリスさんの生い立ちは?

カリスさんは1993年、韓国の釜山で生まれます。
小・中学生時代には親や友人たちからひどい嫌がらせを受けて育ってきました。
カリスさんは、この時を振り返って「死んだように生きていた」と語っています。

ある時、「このままではまずい、生きているように生きなければ!」
そう思ったカリスさんはこれからのチャンスにかけることにしました。
当時好きだった「ドラゴン桜」に影響を受け、日本にある東大を目指すことに。

中学3年生の冬休みには学校をやめていたので、それから独学で猛勉強を重ねました。
その結果なんと16歳で東京大学に合格します。
日本には飛び級制度がなかったため、実際に入学したのはカリスさんが18歳になった時です。
学部→修士→博士課程と順調に進級し、はれて東京大学を卒業。

現在では、東大卒エリート集団が立ち上げた医療AIのベンチャー企業でCEO補佐を務めて
います。

カリス流「逆算的勉強法」とは!?

カリスさんは東大出身の秀才ということもあり、その勉強法に注目が集まっています。
カリスさん流勉強法は、その名も「逆算的勉強法」
逆算的勉強法とはどのような勉強法なのでしょうか?

まずカリスさんは、逆算的勉強法の根底には「冒険魂」「猜疑心(さいぎしん)」
必要とのこと。
この2つがあるからこそ、カリスさんは常に勝ち続けてこれたのだと言います。

カリスさんのいう「冒険魂」とは、一言でいうと「とにかく挑戦し続ける」ということ。
自分の現状を把握し、あるべき姿との差を縮めていく。この過程に「逆算」が必要なのだとか。

もうひとつの「猜疑心」、これは「本当に自分が正しい方向に向かっているのか」を常に
疑うということだそう。
これをやることによって、微調整を重ねていき、自分のあるべき姿に位置することができる
とカリスさんは言います。

こういった姿勢が勉強にも当てはまり、この逆算的思考で勉強してきたということだそうですね。

ハッタリの流儀

なぜこれまで常に勝ち続けてこれたのかをカリスさんはこう語っていました。

ポジティブ思考が大切、ハッタリをかまし続けると後から実績もついてくる。
俺はただ自信があるように振舞っているだけ。
ハッタリというと「嘘」に聞こえるが「気迫」である。

絶対に何かを成し遂げる意志の強さが大切。
最大到達点は野心の高さで決まる、つまり自分を信じる意志の強さで決まる。
結局、大事なのはハッタリをかましてそれを実現すること。

かなり深いことをおっしゃっていますね。
「とにかくハッタリかます。そうすると結果もついてくる。」
私自身もこの言葉にはハッとさせられました。
不安や心配に思ったとしてもポジティブ思考で、自分なら大丈夫!そう思うことが大切なんですね。

カリスさんの名言が凄かった!!

カリスさんは、テレビのみならずTwitterにも数々の名言を残しています。
いくつかご紹介していきます!!

まとめ

今回の記事では、東大AI博士のリスさんをご紹介しました。
大変な学生時代を過ごしながらも、勝利を勝ち取り、さらにはベンチャー企業で最先端の研究まで
されているカリスさん。
俗に言う「天才」というやつですよね!!
これからもますますの活躍が期待されますので、私も応援したいと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Links