湯崎英彦のwiki経歴や学歴(高校・大学)と公約まとめ!!【広島県知事選挙2021】

2021年11月7日

10月31日に行われる広島県知事選挙2021に立候補されている湯崎英彦(ゆざき英彦)さん。

湯崎英彦さんは今回の広島県知事選挙2021において現職として立候補しており、
新人2名との戦いとなります。

そこで今回の記事では、そんな湯崎英彦(ゆざき英彦)さんについて

・湯崎英彦のwikiプロフィール
・湯崎英彦の経歴
・湯崎英彦の出身高校・出身大学
・湯崎英彦の公約・マニフェスト


以上4点についてまとめてみましたのでご紹介します。

Sponsored Links


湯崎英彦のwiki経歴プロフィール

まずは、湯崎英彦さんのwikiプロフィールについてご紹介します。

湯崎英彦の年齢

湯崎英彦さんは1965年10月4日生まれです。

2021年現在の年齢は56歳です。

湯崎英彦の出身地

湯崎英彦さんの出身地は「広島市佐伯区」です。

湯崎英彦の所属

湯崎英彦さんの所属は「無所属」です。

今回、湯崎英彦さんは現職としての立候補となります。

湯崎英彦の評判

湯崎英彦さんの評判についてはこちらにまとめてみました↓

湯崎英彦の年収

湯崎英彦さんの年収についてはこちらにまとめてみました↓

湯崎英彦の家族

湯崎英彦さんのご家族は本人を含めて5人です。

・妻(嫁)
・息子2人
・娘1人

Sponsored Links


湯崎英彦の出身高校や出身大学

続いて、湯崎英彦さんの出身高校や出身大学についてご紹介します。

湯崎英彦の出身高校

湯崎英彦さんの出身高校は「広島大学附属高等学校」です。

広島大学附属高等学校の偏差値は74です。

広島大学附属高等学校出身の著名人には、

・原民喜(小説家)
・瀬戸秀夫(アナウンサー)
・長谷川和彦(映画監督)
・大橋謙三(元サッカー選手)
・大下容子(アナウンサー)


などがいらっしゃいます。

湯崎英彦の出身大学

湯崎英彦さんの出身大学は「東京大学法学部」です。

東京大学法学部偏差値は67.5です。

東京大学法学部出身の著名人には、

・安倍晋太郎(元外務大臣、元通商産業大臣、元農林大臣)
・薗浦健太郎(衆議院議員)
・岡村仁美(アナウンサー)
・下村健一(キャスター・アナウンサー)


などがいらっしゃいます。

Sponsored Links


湯崎英彦の経歴

湯崎英彦さんの経歴についてホームページから引用してご紹介します。

1985年 3月 広島大学附属高等学校  卒業
(高校在学時 1年間米国留学)
1990年 3月 東京大学 法学部    卒業
1995年 6月 スタンフォード大学経営学修士
1990年 4月 通商産業省 入省 機械情報産業局総務課 自動車課
1995年 6月 資源エネルギー庁 原子力産業課 課長補佐
1997年 5月 通商政策局 米州課 課長補佐
1998年 8月 米国ベンチャーキャピタル イグナイト・グループ出向
2000年 3月 通商産業省 退官
2000年 3月 株式会社アッカ・ネットワークス設立 代表取締役CEO
2000年 12月 代表取締役副社長
2008年 3月 同社退任
2008年 3月 Office Yエグゼクティブ・パートナーとして主に経営企画、
2008年 3月 財務戦略、組織構築、ベンチャー経営等に関する
2008年 3月 コンサルティング/アドバイザリーで活躍
2009年 11月 広島県知事選挙当選
2013年 11月 広島県知事当選(二期目)
2017年 11月 広島県知事当選(三期目)

引用:ゆざき英彦オフィシャルサイト
Sponsored Links


湯崎英彦の公約・マニフェスト

最後に、湯崎英彦さんの公約・マニフェストについてご紹介します。

湯崎英彦さんは次の公約・マニフェストを掲げています。

【感染症対策】

  • 可能な限り感染を制御し、大きな感染拡大を防ぐことを基本とし、制御が難しい拡大が起こった場合には、「早く、深く、短く」を基本とした行動制限等により社会経済への影響を極力小さくして、この時代において、トータルに感染拡大防止と日常の社会経済活動が両立することを目指します。
  • そのため、若者を含め、ワクチン接種率を可能な限り高めることにより、感染拡大に対する社会としての抵抗力を高めるとともに、PCR等の検査を充実し、幅広く速やかな感染者の特定と感染連鎖の防止を図ります。
  • ワクチン接種率の向上のため、接種を迷う人たちに対する積極的・効果的な勧奨を進めるとともに、県による大規模接種会場の設置など、市町と連携した円滑な接種体制を確保します。
  • 子供たちを感染から守りつつ、学びを確保するため、オンライン授業ができるよう市町との協力を進めるとともに、承認され次第、子供たちのワクチン接種も速やかに進めます。
  • より感染力の強い変異株等に備え、中等症や重症者が適切な医療を受けられる病床数を確保するとともに、酸素センターのほか万が一の急拡大の場合にはいわゆる「野戦病院」を開設します。
  • 抗体カクテル療法の体制整備、在宅療養者に対するオンライン診療など、医療機関と連携し、治療・療養に対する幅広いニーズに対応します。
  • やむを得ない行動制限の際には、影響を受ける幅広い事業者に速やかな経済的支援を行うとともに、十分な支援の裏打ちとなる財源確保を国に求めます。
  • 大都市圏の感染拡大が飛び火しないよう、長距離移動に対する適切な対応を国に求めます。
  • 日常への回復が可能になった段階で、特に大きな影響を受けてきた飲食や観光事業に対する積極的な需要喚起策を実行します。
  • 新たな環境変化に積極的な対応ができるよう、新たな営業先確保やビジネスモデル進化のための中小企業支援を積極的に行います。

【安心をつくる】

  • 住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができる質の高い医療・介護サービスの実現を図ります。
  • 性別、年齢、障がいの有無、民族、国籍などの多様性を認め合い、支え合いながら自分らしく活躍でき、安心と活気あふれる共生の街作りを進めます。
  • 子供を持ちたいと思う人が安心して子供を持つことができる環境を整備します。
  • 様々な主体と連携しながら、すべての子供たちを多面的・継続的に見守り、必要な支援を届ける「ネウボラ」を中心とする仕組みを整備します。
  • その後の育ちに大きな影響を与える乳幼児期の教育・保育の質を高めます。
  • 学びのセーフティネットを充実し、様々なチャレンジに直面する子供たちをしっかりと支えます。
  • ネットカーボンゼロやプラごみゼロなど、次世代も安心して暮らせる環境を目指します。
  • 頻発・激甚化する風水害などから生命・財産を守り、「災害死ゼロ」や「県民生活や経済への影響の最小化」を図るハードとソフト対策を進めます。
Sponsored Links


【誇りを高める】

  • 新たなサービスやエンターテイメントが集まり、イノベーションが生まれる街と、豊かな自然に囲まれ、地域に愛着を持ちながら住んだり働いたりできる里山・里海をつくります。
  • 地域ごとの「わがまちスポーツ」を楽しめる環境をつくります。
  • 農産物や水産物のブランド化により、県内外の多くの人から評価される姿をつくります。
  • 国内外の多くの人が、広島県でしか得られない価値に触れ、もう一度来たいと思われる観光地づくりを進めます。
  • 子供たちが持っている可能性を最大限に伸ばし、新たな時代を生き抜くために必要な力をつけることができる「学びの変革」を、世界に先駆けて広く定着させます。
  • 広島が国際平和拠点として世界から認知され、平和への期待が集う場になることを目指します。

【挑戦する】

  • 里山や里海で、様々な人や企業が、地域ならではの資源や基盤を生かして、新たな事業や経営発展にチャレンジし、働き続けられる環境をつくります。
  • キャリア教育、リカレント教育などを通じ、生涯にわたって学び続け、新たな環境や仕事にチャレンジし続けることができる環境をつくります。
  • 女性、チャレンジド、外国人など、多様な全ての人が、それぞれの夢や希望を実現できる社会環境と就労環境をつくります。
  • 技術革新や環境変化などに対応できるイノベーションが次々に生まれる「イノベーション立県」を実現します。
  • 次の世代に安心で豊かな暮らしをつないでいけるよう、行政、産業、社会のあらゆるシーンでデジタル技術やデータを最大限活用するDX先端県を目指します。

まとめ

今回の記事では広島県知事選挙2021に立候補されている湯崎英彦さんについて
wikiプロフィールや経歴、高校・大学、公約・マニフェストについてまとめてみました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Sponsored Links