梅田信利のwiki経歴プロフィールや学歴(高校・大学)と公約【葛飾区長選挙2021】

2021年11月6日

11月7日に行われる葛飾区長選挙2021に立候補されている梅田信利(うめだ信利)さん。

梅田信利さんは今回の葛飾区長選挙2021において新人として立候補しており、
現職と一騎打ちとなります。

そこで今回の記事では、そんな梅田信利(うめだ信利)さんについて

・梅田信利のwikiプロフィール
・梅田信利の経歴
・梅田信利の出身高校・出身大学
・梅田信利の公約・マニフェスト


以上4点についてまとめてみましたのでご紹介します。

Sponsored Links


梅田信利のwiki経歴プロフィール

まずは、梅田信利さんのwikiプロフィールについてご紹介します。

梅田信利の年齢

梅田信利さんは1962年生まれです。

2021年現在の年齢は59歳です。

梅田信利の出身地

梅田信利さんの出身地は「東京都葛飾区」です。

梅田信利の所属

梅田信利さんの所属は「無所属」です。

今回、梅田信利さんは新人としての立候補となります。

梅田信利のYoutube動画

梅田信利さんはYoutube動画を発信しています。

チャンネル名は「うめだチャンネル」です。

梅田信利の資格

梅田信利さんの資格は、

特定社会保険労務士(雇用・年金など社会保障の専門家)
中学・高等学校社会科教員免許
二級建築士
二級建築施工管理技士
宅地建物取引士

などがあります。

Sponsored Links


梅田信利の出身高校や出身大学

続いて、梅田信利さんの出身高校や出身大学についてご紹介します。

梅田信利の出身高校

梅田信利さんの出身高校は「千葉日本大学第一高等学校」です。

千葉日本大学第一高等学校は私立高校で偏差値は62です。

千葉日本大学第一高等学校出身の著名人には、

・吉岡興志(元プロ野球選手)
・栗原祐太(バスケットボール選手)
・尾崎直道(プロゴルファー)
・黒田雄(政治家)


などがいらっしゃいます。

梅田信利の出身大学

梅田信利さんの出身大学は「日本大学文理学部社会学科」です。

日本大学文理学部社会学科偏差値は52.5です。

日本大学文理学部社会学科出身の著名人には、

・中川俊直(衆議院議員)
・昼間敬仁(アナウンサー)


などがいらっしゃいます。

日本大学文理学部を卒業後は、中央工学校夜間建築科を働きながら卒業しています。

梅田信利の経歴

梅田信利さんの経歴についてホームページから引用してご紹介します。

梅田信利の職歴

大学卒業後、貿易商社で食品担当バイヤー、生活協同組合で営業・総務の管理職を経験した後、区内の会社で働き、地元の亀有に東京総務代行社会保険労務士事務所を開業しました。
労務コンサルタントとして、多くの企業の雇用や労働問題などの解決、助成金のコンサルティングおよび申請代行、個人からの年金や健康保険などの相談・手続きに日々奔走。

引用:うめだ信利HP
Sponsored Links


梅田信利の公約・マニフェスト

最後に、梅田信利さんの公約・マニフェストについてご紹介します。

梅田信利さんは次の公約・マニフェストを掲げています。

01. 新金貨物線の旅客化、北総線の協定順守、北千住駅の乗換え利便化

新金貨物線の旅客化を実現し、南北交通の改善、沿線地域の活性化、くらしの向上を実現します。
葛飾区、京成電鉄、北総鉄道の3者協定の順守を実行し、新柴又駅の現状などを改善します。
常磐緩行線と常磐快速線の北千住駅における乗換えの利便化と運行ダイヤの改善を実行します。

02. 直通運転の改善と割高・二重運賃の是正、常磐快速線の金町駅停車

小田急のJR乗入れは実現できましたが、綾瀬駅止まりの改善、直通運転の増発につながらず、また、小田急の複々線化(平成29年度予定)、千代田線の北綾瀬駅始発化(平成30年度予定)による直通運転への影響が心配、これからも改善を訴え続けます。
亀有・金町駅の西日暮里駅経由などの割高・極端な二重運賃は、西日暮里駅から綾瀬駅の区間をメトロが1種、JR東日本が2種になることで是正の実現を目指します。
常磐快速線の金町駅停車の実現を、引き続き訴え続けます。

03. 区役所の移転先に反対、エアポートタウン高砂構想

区役所の立石駅北口地区再開発ビルへの移転に反対します。建替え自体には賛成ですが、移転先と豪華で大規模すぎる計画が良くありません。区財政の身の丈に合った内容で区有地に建設を検討し、整備コストは最小限に抑えます。
羽田空港と成田空港に直結している高砂駅周辺地区の市街地再開発事業に空港関係の産業や宿舎・ホテルなどを誘致するエアポートタウン高砂構想を掲げます。

04. 子育て・介護と仕事の両立支援の拡充、高度医療機関の誘致推進

待機児童・高齢者入所待ち問題の改善、保育・介護施設の増設と居宅における行政サービスを充実させます。
働きながら子育て・介護できる環境の整備し、利用者の皆さまがより使いやすく効果的な福祉サービスへの改善を実行します。
高度医療機関を新小岩地区に誘致し開院が実現しましたが、まだまだ葛飾区は病床数が不足しています。これからも積極的に医療機関の誘致を進めます。

05. 学力向上、福祉と教育の壁を取り払い、子どもたちに手厚い貧困対策

葛飾区の子どもたちの学力は、23区26市のなかで下位クラスです。中位クラスまで引き上げます。子どもたちに基礎学力を定着してもらい、生きる力を身に付けてほしい。
区立の中高一貫校を、区内のシンボル校として開校し、子どもたちの学力の底上げを図ります。
子どもの貧困対策は、子どもたちにとって何が一番必要なのか、区民目線で行政サービスの改善を実行します。

06. 自ら身切る行財政改革と官民連携による防災対策の強化

中央行政(本庁)のスリム化と地域行政(区民事務所)を充実します。非正規職員の待遇を改善します。
公務員でなければならない仕事以外は、原則、民間業者に委託し、区内事業者の雇用創出を支援します。
災害に強いまちづくりを徹底し、地域の協力を求め、官民一体となって防災対策を強化します。

Sponsored Links


まとめ

今回の記事では葛飾区長選挙2021に立候補されている梅田信利さんについて
wikiプロフィールや経歴、高校・大学、公約・マニフェストについてまとめてみました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Sponsored Links