木幡浩のwiki経歴プロフィールや学歴(高校・大学)と公約【福島市長選挙2021】

11月21日に投票が行われる福島市長選挙2021に立候補されている木幡浩(こはた浩)さん。

木幡浩さんは今回福島市長選挙2021において新人として立候補しています。
新人を含む2名での一騎打ちとなります。

そこで今回の記事では、そんな木幡浩(こはた浩)さんについて

・木幡浩のwikiプロフィール
・木幡浩の経歴
・木幡浩の出身高校・出身大学
・木幡浩の公約・マニフェスト

以上4点についてまとめてみましたのでご紹介します。

Sponsored Links


木幡浩浩のwiki経歴プロフィール

まずは、木幡浩さんのwikiプロフィールについてご紹介します。

木幡浩の年齢

木幡浩さんは1960年10月23日生まれです。

2021年現在の年齢61歳です。

木幡浩の出身地

木幡浩さんの出身地「福島県飯舘村」です。

木幡浩の所属

木幡浩さんの所属は「無所属」です。

今回、木幡浩さんは現職としての立候補となります。

Sponsored Links


木幡浩の出身高校や出身大学

続いて、木幡浩さんの出身高校や出身大学についてご紹介します。

木幡浩の出身高校

木幡浩さんの出身高校「福島県立原町高等学校」です。

福島県立原町高等学校は福島県の公立高校で偏差値は57です。
進学校のため、旧帝大や国公立大学などに進学する学生が多いです。

福島県立原町高等学校出身の著名人には、

・今井正人(長距離走選手)
・西内洋行(トライアスロン選手(アテネ五輪代表・シドニー五輪代表))
・若松 央樹(フジテレビ、プロデューサー)
・佐藤ちひろ(テレビ朝日アナウンサー)

がいらっしゃいます。

木幡浩の出身大学

木幡浩さんの出身大学は「東京大学経済学部」です。

東京大学経済学部の偏差値は67.5です。

東京大学経済学部出身の著名人には、

・越智隆雄(衆議院議員)
・岡崎勝男(元外務大臣、元内閣官房長官、元中距離走選手)
・柿澤弘治(元外務大臣)
・丸山穂高(衆議院議員)


がいらっしゃいます。

Sponsored Links


木幡浩の経歴

木幡浩さんの経歴をホームページより引用してご紹介します。

平成元年 徳島市財政部長

平成3年 国土庁地方都市整備課課長補佐

平成5年 長崎県財政課長

平成7年 消防庁防災課災害対策官

平成8年 自治省行政体制整備室課長補佐

平成10年 香川県健康福祉部長・次長

平成14年 香川県政策部長

平成16年 沖縄振興開発金融公庫総務部長

平成19年 北海道大学公共政策大学院教授

平成21年 地方公共団体金融機構経営企画部長・資金部長

平成24年 総務省公営企業課長

平成25年 岡山県副知事

平成27年 消防大学校

平成28年 復興庁福島復興局長

平成29年 総務省退職 

平成29年 12月より福島市長

Sponsored Links


木幡浩の公約・マニフェスト

最後に、木幡浩さんの公約・マニフェストについてご紹介します。

木幡浩さんは次の公約・マニフェストを掲げています。

未来に向け暮らしと環境を守る

【1】防災都市~災害に安全安心

【2】共生社会~高齢者も障がい者も、誰もが安心・活躍

【3】健都ふくしま~人生100年時代の基盤づくり

【4】ゼロカーボン都市~豊かな環境を未来に引き継ぐ

福島の未来をひらく

【1】子育て・教育で選ばれる都市づくり

【2】魅力とやりがいのある仕事づくり

【3】文化と賑わいのまちづくり

【4】移住・定住の促進と女性活躍社会の形成

【5】デジタル化による社会変革と持続可能な行財政経営

共創・連携と変わらぬモットー

【1】市民共創

【2】連携中枢都市圏の形成と多様な連携の推進

【3】開かれた市政

【4】スピードと実行

などです。

まとめ

今回の記事では福島市長選挙2021に立候補されている木幡浩さんについて
wikiプロフィールや経歴、高校・大学、公約・マニフェストについてまとめてみました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Sponsored Links