泉健太の(立憲)wiki経歴や出身|学歴(高校・大学)・政策を調査!!

2021年11月25日

11月30日に投開票が行われる立憲民主党の代表選に立候補されている泉健太(泉ケンタ)さん。
この代表選は枝野幸男さんが辞任する関係で行われることになっています。

今回の記事では、そんな立憲民主党の代表選に出馬される泉健太(泉ケンタ)さんについて、

・泉健太のwikiプロフィールや出身
・泉健太の学歴(高校や大学)

・泉健太の経歴
・泉健太の政策


この4点をご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links


泉健太のwikiプロフィールや出身

まずは、泉健太さんのwiki経歴や出身についてご紹介します。

泉健太の出身地

泉健太さんの出身地「北海道札幌市北区」です。

4人兄弟の末っ子として生まれ、高校を卒業するまで北海道に在住していました。
小中と石狩町(現・石狩市)の学校に通い、その後、札幌市の高校を卒業されていいます。
(高校の詳細については後述します。)

泉健太さんは小学校から野球を始め、中高と野球部に所属しました。
そのため学生時代は日々野球に打ち込む毎日を送っていたのだそうです。

泉健太の年齢・生年月日

泉健太さんは、1974年7月29日生まれです。
2021年現在の年齢47歳です。

まだまだ40代ということで社会人として、そしてなにより政治家として
一番脂の乗った時期ですね。
これからも一国を背負う政治家として、ますます活躍が期待されるのではないしょうか。

泉健太の血液型

泉健太さんの血液型については公表されていないようです。

泉健太の趣味

泉健太さんの趣味は「DIY・料理・自転車」だそうです。

料理やDIYが趣味だなんて素敵ですね。
必要なものはきっと自作してしまうのでしょうね。

泉健太の選挙区

泉健太さんの選挙区は「京都3区」です。

泉健太の肩書

泉健太さんは、現在立憲民主党に所属しています。

主な肩書として、

・立憲民主党政務調査会長
・元内閣府政務官


があります。

Sponsored Links


泉健太の出身高校と出身大学

続いて、泉健太さんの出身高校出身大学についてご紹介していきたいと思います。

泉健太の出身高校

泉健太さんの出身高校「札幌市立北海道札幌開成高等学校」です。

札幌市立北海道札幌開成高校は、北海道の中でもトップクラスの公立高校で
偏差値は65です。

実はこの北海道札幌開成高校は2017年の年度末で閉校となっています。
現在では同校を母体として、市立札幌開成中等教育学校が2015年に開校となっています。

札幌市立北海道札幌開成高校出身の著名人には、

・石橋貴俊 (元バスケットボール選手(日本代表)、バスケットボール指導者)
・堺なおこ(元札幌テレビ放送 (STV) アナウンサー、フリーアナウンサー)
・山田雅樹 (ミュージシャン(元LOUDNESS))


などがいらっしゃいます。

泉健太の出身大学

泉健太さんの出身大学「立命館大学法学部」です。
立命館大学法学部といえば、関西の有名私立大学である関関同立のひとつに
数えられ、偏差値は60あります。

立命館大学法学部出身の著名人には、

・下林朋央(お笑い芸人(ファミリーレストラン))
・角田龍平(弁護士・タレント)
・古本伸一郎(衆議院議員)
・桜井俊貴(プロ野球選手)
・市田忠義(参議院議員)


などがいらっしゃいます。

Sponsored Links


泉健太の経歴

それでは続いて泉健太さんの経歴を見ていきたいと思います。

泉健太さんは1974年に生まれます。
地元の小中学校→旧・ 札幌市立北海道札幌開成高校→立命館大学法学部と進学します。
大学時代は、災害・環境・街づくりボランティアや政治啓発活動に自ら積極的に取り組んで
いたそうです。

立命館大学卒業後は、議院議員福山哲郎の秘書として活躍。
2000年には、京都3区にて最年少立候補者として出馬するも、敗退しています。

2003年には念願叶い京都3区から衆議院初当選を果たしました。
さらに2005年、2009年、2012年、2014年にも見事再当選を果たしています。

その間、多くの活躍をみせ、2021年の今年には立憲民主党政務調査会長として
さらなる活躍が期待されています。

Sponsored Links


泉健太の政策

最後に、泉健太さんの政策についてご紹介します。

政策1:人にやさしい経済政策

環境、雇用、人権への配慮がコストではなく持続的利益につながる一方、ブラック企業が淘汰される、「人にやさしい持続可能な資本主義」の促進。
グリーン、ライフ、ローカル、デジタルを中心に大胆な支援策で新たな市場と雇用を創出。
科学技術予算の大幅増による基礎研究の重視と研究開発支援で、世界最高の科学技術立国を目指す。
時限的な5%の消費税減税。一方、所得税の最高税率引上げ、将来の総合課税化を見据えた金融所得課税の強化、社会保険料の月額上限の見直し等による富裕層への応分の負担。
省エネ、蓄電、再エネ技術の推進により原発・火力依存度を低減し、2050年のカーボンニュートラルを目指し、分散型エネルギー社会を推進。
原子力エネルギーに依存しない社会の実現に向け、立地地域の雇用・経済対策、使用済核燃料の最終処分など国の責任の明確化、廃炉作業を担う人材の育成を推進。

政策2:雇用の安心

派遣法の見直し、正社員を増やした中小企業の社会保険料負担減免などにより、「希望すれば正規雇用で働ける社会」を目指す。
「同一価値労働同一賃金」の法制化、ワークライフバランスの実現。
最低賃金は、中小企業支援を前提に時給1500円を目指し段階的に引上げ。

政策3:子育て・若者・老後の安心

医療、介護、子育て、教育分野などベーシックサービスを拡充。
少人数学級の推進。望めば学べる環境の構築。児童手当を高校卒業年次まで拡大、給付型奨学金の大幅拡充など「教育の実質無償化」。
「暮らせる年金」を目指し、厚生年金の加入促進や最低保障年金などを検討。
マイナンバー活用による所得に応じた滑らかな社会保障負担(デジタル社会保障)。

政策4:安心できる新型感染症対策

国の責任で、宿泊療養も含めた医療体制を強化。
いつでもどこでも誰でも安く検査を受けられる体制の確立を前提に、ワクチン接種済者・検査陰性者の行動の自由を拡大。
3回目ワクチン接種の確実な実施、国産ワクチン・治療薬開発へ強力な支援。
事業者支援と生活者支援を、幅広く公平で十分な形で、簡易な手続きで速やかに実施。

政策5:地方の安心

地方への権限・財源移譲と一括交付金制度の導入で、自立した地域社会を実現。
地域公共交通への支援や自動車諸税の軽減などで、住民の移動手段を確保。
インフラ老朽化、集落孤立化などに対し、「命のインフラ投資」で「普通の安心」を取り戻す。
テレワークなど地方への大胆な雇用シフト支援と、エネルギーの地産地消を推進。
東日本大震災など大規模災害からの被災者・被災地の復興を支援。
新規就農者や後継者支援、農業者戸別所得補償制度の復活などにより、食料自給率の向上と農家の所得向上を目指す。木材の安定供給と国産材の利活用を促進。
漁業収入安定対策の充実・強化、水産資源の維持管理を図る。

政策6:多様性を認め合う安心

選択的夫婦別姓の導入、配偶者控除の廃止などによる男女共同参画社会の実現。
LGBT平等法の制定、同性婚を可能とする法制度の実現。
障がい者やインターネット上の誹謗中傷など、あらゆる差別解消を目指す。
孤独、孤立対策の徹底。ヤングケアラーの早期発見と支援。

政策7:安定的な外交・安全保障

健全な日米同盟を基軸に、現実的な外交・安全保障を推進。
「近くは現実的に、遠くは抑制的に、人道支援は積極的に」の原則を維持。
日米安全保障と日中経済関係の両面の国益を踏まえ、エネルギーや食料も含めた経済安全保障の強化を図る。日本版マグニツキー法制定など積極的な人権外交の推進。
拉致問題、領土問題の解決に取り組むとともに、国民の命と主権を守る。

政策8:政治行政改革

憲法の基本的理念と立憲主義を維持しつつ、未来志向の憲法を静かな環境で議論。
歳入庁創設による税と社会保障の公正な徴収。財政推計機関を国会に創設。
公文書管理の抜本的見直し、情報公開の拡充等による行政監視機能の強化。
補助金、特別会計、天下り、官製談合、随意契約などの改革で「信頼できる政府」を実現。

まとめ

今回の記事では、泉健太(泉ケンタ)さんについて、wikiプロフィール出身経歴
高校や大学などの学歴、そして政策
についてもご紹介しました。

立憲民主党の代表選で注目を浴びている泉健太(泉ケンタ)さん。
さらなるご活躍を期待したいと思います。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Sponsored Links